妄言垂れ流しブログ

突発的なひらめきを垂れ流して、誰かが有効活用してくれることを願うブログです

【SW2.5】ファイターを考える

 どうも、千夜一夜です。今やっているキャンペーンとはほぼ関係ないですが、なんとなく書きたくなったので、今のファイター事情を考えます。

 

ファイターの分類

 大体はこの7つのどれかになります。

  1. 全力攻撃・魔力撃型
  2. 薙ぎ払い型
  3. かばう盾型
  4. マルチアクション型
  5. スパイクシールド型
  6. ウルゴーシュ型
  7. テムスガルド型

 

全力攻撃・魔力撃型

 どちらも単体火力を追求するアタッカー。大体は火力の高い2H武器を持つことになる。

 全力攻撃の方は魔法と知力にリソースを使わなくていい点が魅力。その分の経験点をレンジャー・ライダー・エンハンサーあたりに使える。全力攻撃は置き換えが遅いので計画的に成長させないと火力が足りなくなる時期がある。

 魔力撃は経験点と使用時のペナルティが重い。火力は十分な経験点があればどのレベル帯でも安定して出すことができる。

 魔法技能の選択は意外と難しい。マギテックはLv1からターゲットサイトを使用できる点が優秀。他は探索用。ソーサラーはファミリアとブリンクが強力。探索方面で強力な魔法が多いのも魅力的。コンジャラーはゴーレムで前衛を増やせる。フェアリーテイマーは手番を潰さずに戦闘の補助につながる魔法が現状ない。ドゥナエー帰ってきて……。ドルイドは武器に制限がつくので向かない。デーモンルーラーは補助で使える魔法は多いが、鎧の制限がきつい。ナイトメアなら抜群の相性になる。プリーストはキルヒア・グレンダール・ミリッツァあたりが候補。

 戦闘特技は火力が伸びる武器習熟の優先度が高い。あとは前衛としての耐久力の確保のために防具習熟・頑強あたりも取りたい。

 Lv13でバトルマスターを取得したら全力攻撃と魔力撃を両立することもできる。

 

薙ぎ払い型

 範囲アタッカー。必ず2H武器を持つことになる。Lv13でバトルマスターを手に入れたとしても一人にしか全力攻撃や魔力撃が乗らない。そのため火力を伸ばすには宣言特技に頼らない固定値が重要になる。武器習熟は必須。マッスルベアーやヴォーパルウェポン、エンチャントウェポンのようなバフも積極的に使っていきたい。

 戦闘特技は前述の通り、まずは武器習熟。あとは無難な防具習熟と頑強。余裕があるなら全力攻撃を取ると単体にも対応できるようになる。

 武器はバンストベンジュラムがあるフレイルがほんの少し有力だが、しょせんBランク武器なので好きに選んでいい。

 

かばう盾型

 紙装甲の前衛アタッカーを介護するタンク。盾を持って高いを防護点を確保する。攻撃にはほぼ貢献できないので、主動作でできることを増やす必要がある。コンジャラーやプリーストは優秀だが、Lv7まではかばうで宣言特技枠が埋まるので拡大/数が使えないことも多い。ドルイドは最適解に近い。その場合の主動作はナチュラルパワー。アルケミストも主動作で数を撒けるので優秀。

 戦闘特技はかばうと頑強・防具習熟を取るとほぼ枠が消える。Lv7で魔法拡大/数が欲しくなることを考えると、ガーディアンまで手が回らないことも多い。

 盾を持っても片手が空くなら命中に優れるメイスを持っておけば、多少は攻撃に貢献できるかもしれない。あとガンに弱いので不撓のバックルは欲しい。

 その実、かばう盾としてのファイターはタフネスの取れるLv7でも十分だったりする。

 

マルチアクション型

 取る技能次第で毛色が大きく変わる。金属鎧のペナルティがないプリーストとの相性は特にいい。バフのみを目当てにするなら他の魔法も同様に使用できる。コンジャラーは低レベルでも使いやすくて優秀。ドルイドは片手が埋まるので前衛壁+バッファーの役割になる。フェアリーテイマーも支援に優れるが、妖精を召喚すると使えなくなる。ソーサラーはバフよりデバフ、デーモンルーラーは送還判定に鎧の制限がかかると使いづらい印象。使うならナイトメアで。マギテック? クリポンでもしてろ。

 戦闘特技はマルチアクションは確定。他は宣言特技を使わない頑強と習熟系が安定。魔力撃はマルチアクションしてまで欲しい魔法がない時の選択肢として取る手はある。逆に魔力撃型は殴り続けてほしいのでマルチアクションを取りに行くのはあまりよくない。

 武器としてはバトルメイジスタッフがマルチアクション時にバフが乗るが、武器としての性能が低すぎる。殴るつもりなら他の物を。この武器はナイトメアの前衛コンジャが抵抗を抜くために使う。

 経験点は確かに重いが、どこまで魔法を取るかを決めておけばどうとでもなる印象。

 

スパイクシールド型

  手数重視。両手利きが無くても2回殴れる。威力自体はしょぼいので固定値を稼ぐことが重要。それ以上にペナルティがあるので命中の確保が重要。

 武器は1Hなので火力がでない。当てるだけで効果のでる武器なら問題ない。アタッカーとしての性能を求めるなら1H両の武器で必要に応じて切り替えればいい。その場合はウェポンホルダーを購入する。

 戦闘特技は盾習熟A以外は自由。宣言特技を使わないので他の型と合体させることができる。おすすめはマルチアクション型。理由はバフを盛りやすいから。終盤までスパイクシールドが通じるとはあまり思えないので、防具の達人を目指すのが吉。二刀流は枠の無駄なので取ってはいけない。

 

ウルゴーシュ型

 両手利きを取るファイター。両手利きを取るタイミングはLv5未満かLv9かで変わってくる。Lv9まで粘る場合はLv1で宣言特技をなにかしら取っていると思うので、ウルゴーシュを持つまでは普通の2Hファイターになる。

 早い段階から両手利きを取る場合は両手に斧を持って戦うことになる。ちなみにウルゴーシュ以外の両手利き型は手数の多い+変幻自在があるグラップラーに勝てないので非推奨。

 戦闘特技は斧習熟A・Sと達人、それと両手利きは確定。Lv11までの自由枠は2枠。内、1つは宣言特技に回したい。おすすめは薙ぎ払い。1H2回の方が単体火力は出るので、2Hを対複数用に割り切れるあたりが使いやすい。もう1枠は頑強か防具習熟が安定。ウルゴーシュは軽いので非金属鎧を着て、スカウトを取る択を取りやすいのも利点。

 

テムスガルド型

 まさかの投擲ファイター。テムスガルドシリーズは重いのでフェンサーには真似できない。投擲Sと盾Aが必須。ターゲティングは前線に出るので必須ではない。

 盾を持つと1H投になるので宣言特技が使いにくい。フレイル習熟ルートは射程の利点だけを捨てて、得るものがないのでおすすめできない。

 MPの消費が激しいので低レベルで魔法を嗜むと動きやすくなる。とりあえずターゲットサイトのあるマギテック1と、アウェイクンと特殊神聖魔法が生えるプリースト2は取っておいて損はない。かばうゴーレム盾が使えるコンジャラー3もおすすめ。

 戦闘特技には余裕がある。習熟3つ以外は自由で、相性のいい宣言特技がない。頑強と習熟・達人を狙うのは雑に強い。ターゲティングは上級戦闘なら役に立つ場面があるかもしれない。鷹の目は射程10mが限界なので不要。

 武器としては継戦能力維持のためにスリングや高火力の近接武器(ロングスピアあたり)があると安心。

 

まとめ

 ファイターの一番重要な仕事は前線維持です。とりあえず死なないように耐久を確保しましょう。死ななければ仕事をしていることになるのでそれさえ守れれば割と何しても問題ないと思います。幸いにもタフネスと鎧に制限がないので耐久の確保はそこまで苦ではないです。

 ファイターの利点は一撃の重さと耐久力。あとは薙ぎ払いで範囲攻撃が可能になる点です。基本的にこの3点にどれだけの比重を置くかで変わってきます。

 最適は他のパーティメンバーによって変わるので、求められている役割を果たせるようなビルドを目指しましょう。