妄言垂れ流しブログ

突発的なひらめきを垂れ流して、誰かが有効活用してくれることを願うブログです

【ウマ娘】ジェミニ杯反省会

 どうも、千夜一夜です。ジェミニ杯の結果はどうでしたか? ワシぃ? ワシは見ての通りじゃ! フェーフェッフェッフェ!!!

   f:id:SenyaKazuya:20210619123451p:plain

 

 はい、ひとしきり喜んだので早速反省会です。勝って兜の緒を締めよ!!

 

出場ウマ娘

   f:id:SenyaKazuya:20210619124818p:plain

 事前に連呼していたようにゴールドシップジェミニ杯中に育成し直しており、勝率は50%+決勝1位。

 スキルは発動タイミングが充分に信頼できそうな回復と条件を満たす緑スキル、あとは対策用の一匹狼を所持。根性は晴れの日でC相当だが、賢さは低い。ただ、下校もマエストロも発動率自体は良好だった。

 長距離Sは自前の長距離3因子が無くて無理。他の出場ウマ娘も同様。

 間違いなくエースの一人ではあったが、どちらかといえば格下相手にダイワスカーレット共々12を取る際に1位を取っていた印象。ヒソカ対決での勝率は追い込みメタもあってあまり芳しくなかったが、決勝では勝てたので良し!

 

 

 

   f:id:SenyaKazuya:20210619131529p:plain

 元々この枠は逃げのメジロマックイーン(新衣装)だったが、ジェミニ杯開催初日にダイワスカーレット強いと聞いて溜めていたマニーを放出して嬉々として育てた。勝率は40%で決勝では3位。

 固有が逃げなしで先頭に立たされたときでも発動できる点が他の先行に勝り、逃げがいても後ろから抜いてそのまま加速に入れるので、とにかく環境への適応力が高かった。自前でレースプランナーを持ってこれるのも高評価。ヒソカ対決での勝率はゴルシを確実に上回るエース。

 やや突貫工事感があるが固有なしで先頭に立つ必要があるので、B育成のわりにはハイスタンダード気味になったステータスは噛み合っていたと思う。

 

 

 

   f:id:SenyaKazuya:20210619130050p:plain

 先行想定のデバフ特化エアグルーヴ。今回の一番の反省点。端的にいうと脚質を間違えた。

 具体的には高い賢さでダイワスカーレットの前へ行き、レースプランナーの発動を阻害する地雷と化した。さらに終盤確実に垂れるので敵味方のゴルシも阻害する。結果相手の逃げ先行に逃げ切られる要因となってしまった。

 しかしマニーをダイワスカーレットに投資してしまったため別のデバッファーを育成する余地もなく、最終的には差しで使用することになった。

 差しの場合トリック(前)と幻惑のかく乱が腐るが、いうほど相手はかからないし、幻惑のかく乱は置いてかれるから条件を満たせない。どちらかといえば差しは中盤で追い込みにも抜かれるのでデバフの有効範囲の方が気になった。

 差し前提ならエアグルーヴである必要が無いので、次回があったらこの枠はマチカネフクキタルになる。

 

 

環境分析

 ジェミニ杯開催前の考察をこっちで行いましたが、そんなに当たらかなったです。

senyakazuya.hatenablog.com

 

 まずゴルシ杯であったことは予測通りだったが、使用率は体感5割くらい。追い込みをメタる風潮が全体にあったことが起因すると思われる。それでも戦える追い込みは強い。

 今回強かったのは事前の予測に大きく反して先行。スタミナに課題を抱えているように思われていたが食いしん坊・レースプランナーが優秀であったことが最大の理由。好転一息とクールダウンは二度と信頼しない。スタミナイーターもあまり見かけなかった印象。

 逃げはジェミニ杯前に単騎だと競り合いが発生しないので弱いと聞いていたが、あまり信用はしていなかった。しかし蓋を開けてみればその通りだった。逃げ1は自身の逃げエースを腐らせ、中途半端な逃げは相手の踏み台になるので罠。しかし、後述する逃げ2で環境入り。

 差しはスタミナが軽いが金回復に恵まれず、中盤で追い込みの後塵を拝し、仕掛けるころにはゴルシは遥か彼方。弱い。

 

 編成として強かったのは、逃げ2先行1と先行1追い込み1+α。

 逃げ2先行1は逃げが競い合って縦長の展開を作りやすい。つまりゴルシでも挽回不可能な差を人為的に作ることが出来た。追い込みに対する強力なメタとして台頭。

 逃げ2の主な採用ウマ娘メジロマックイーンマヤノトップガン。単純に長距離逃げ候補が少ないので必然。先行1はアグネスタキオンが強かった。事前に危惧していた固有の発動が、自前の逃げ2で無理なく満たせる点が特に大きかった。

 先行1追い込み1は万能型。縦長の展開には先行が、先行過多で詰まっている展開には追い込みが刺さる。+αの枠にはもう一人の追い込みか、差しデバッファーを採用。

 先行枠で採用が多かったのはダイワスカーレット。理由は上記にあるので割愛。追い込みも説明することがないからスキップ。+α枠のデバッファーが差しの理由はエアグルーヴのところで説明した通り。体感ではナイスネイチャが多かったが、そもそもデバッファーがあまりいなかった印象。

 

 感想

 タウラス杯は1位を逃した上に、リアルで多忙だったのもあって少々不安だったが、ジェミニ杯でリベンジを果たせてよかった。次は短距離かマイルじゃないかと踏んでいるので、今回の反省も踏まえて今のうちに赤因子の収集をしておきたい。

 あとダイワスカーレットが使えたのがものすごく嬉しかった。

 

 

 ps. 好転一息とクールダウンは二度と使わないと決めましたわ。

   f:id:SenyaKazuya:20210619134010p:plain

 元々出走される予定だった理事長から運よく好転一息をもらえたメジロマックイーン(新衣装)ですわ。2個積んでいればさすがにどちらかはスパート前に発動するでしょうという考えが間違っていましたわ。こいつら揃ってゴール前に発動しやがりましたわ。

 この反省を踏まえ、チームレースの好転一息とクールダウン持ちは全て育成しなおしますわ。

 最速スパートに間に合わない回復はクソですわ!!!