妄言垂れ流しブログ

突発的なひらめきを垂れ流して、誰かが有効活用してくれることを願うブログです

【シノビガミ】下位流派不問の汎用構築 ハグレ編

 どうも、千夜一夜です。シリーズ第三弾はハグレモノです。斜歯・鞍馬と違って、特定の忍法を取れっていうのがないので忍法枠をフルに使えてやりやすいです。(1敗)

 

 ↓ 前回の記事

senyakazuya.hatenablog.com

 

分身クリティカルヒット

 背景:なし

 忍法:影分身 頑健 頑健 忍鎌

 奥義クリティカルヒット

 

 ハグレモノ入門編。25にプロットすればクリティカルヒットの射程圏内に常に捉えることができる。雑に忍法で耐久を確保。コストに余裕があるので、適当に別の忍法への差し替えも可能。

 

分身爆破型

 背景:なし

 忍法:爆破 影分身 連撃 自由枠

 奥義:自由

 

 25プロットで爆破を確実に擦りつける型。5のときはコストが余るので命中補強も兼ねて連撃を採用。自由枠はやはり装備忍法がおすすめ。忍法である程度完結できているので奥義の自由度は高い。確保しにくい耐久系が優先度高めか。

 

誘導型

 背景:なし

 忍法:怪鳥 or 影薙 誘導 影分身 街透

 奥義:絶対防御 or 範囲攻撃

 

 影分身なら間合い1当てれるなー、で出来た型。どっちの戦場がいいかは場合によりけり。高所の方が他人の戦場にタダ乗りしやすい印象。逆に雑踏は被らないので妨害主体になりやすい。街透はどっちでも相性がよかったので採用してみたが、戦場の極意が取れるならそっち方が使いやすい。

 奥義は絶対防御が安定している。範囲攻撃はとりあえず影分身の引き撃ちが強いので候補に。どちらにしても極地までうまく粘りたい。

 悪天候交叉というパターンも存在するが、高所雑踏と比べると相手のメリットが大きく感じる。

 

金剛型

 背景:なし

 忍法:金剛 頑健 頑健 忍鎌

 奥義:範囲攻撃

 

 懲りずに再び出現した頑健頑健忍鎌。金剛により異次元の耐久を実現。あまりに硬すぎて対立では放置されやすい。奥義を範囲攻撃にして最低限の火力は確保。

 耐久過剰と言われればその通りだが、頑健を変えようにも金剛が重いのでコストが使えない。結局頑健でいいやってなった。他流派の血が使えるなら、覆滅を持つと生存しているだけで圧がかかるのでおすすめ。

 

螺旋陣型

 背景:他流派の血

 忍法:螺旋陣 影分身 誘導 獣化

 奥義:不死身(目覚め・回数制限)

 

 螺旋陣の間合いと火力を補強して、多人数攻撃の利点を伸ばした型。誘導先は悪天候。影分身と合わせて効率よく巻き込める箇所に位置取る。獣化は別の忍法、揺らしや冷血でも可。忍法だけでは火力バフが足りなかったので目覚め不死身。

 

矢止め刃隠型

 背景:家宝(集中)

 忍法:影分身 矢止めの術 刃隠 博識(範囲攻撃・絶対防御)

 奥義:範囲攻撃

 

 矢止めの術は命中判定を失敗にできるので刃隠を発動できる。射撃を誘うために16の引き撃ち軸にした。博識は苦手な範囲攻撃の対策。もう1枠はわりとなんでもいいが、採用率の高い絶対防御を指定。1に行くとコストが足りなくなるので、集中でカバー。

 

綺羅星☆型

 背景:末裔

 忍法綺羅星 無我 涓滴 自由枠

 奥義:完全成功

 

 なにが綺羅星だよ、馬鹿馬鹿しい。

 自ら逆凪しにいく変態型。攻撃忍法は無我によって回避を行う。奥義破りの判定が振れないので、涓滴で安易に使わせないように制限する。どうしても判定が成功しないと困るときがあるので奥義は完全成功。

 自由枠は判定が振れないことを考えると、装備忍法か判定不要なサポート忍法が候補。

 

操り人形複写型

 背景:なし

 忍法:配下 忍法複写 自由枠 自由枠

 奥義:自由

 

 自由枠が多すぎる。これは本当に構築の紹介か? 配下のクノイチが操り人形を使用したらこれを複写する。そうすることでいきなり操り人形が生やせる。ただ、このコンボを知っている人は感情を拒否することで対策してくる。

 枠に余裕があるので別のギミックを組み込む余裕がある。業火は配下を有効に活用できるのでおすすめ。

 

輝き血餅型

 背景:末裔

 忍法:春香 血餅 水晶眼 一角

 奥義:完全成功(輝き・分野限定)

 

 メインで兵糧丸を量産することを目的とした型。せっかく輝き完全成功を持ち込んだのでスぺ型にした。弱みを分野限定にしたので春香。

 春香のスぺ型はスペシャルしたときに味方を逆凪にすることで大ダメージを回避させることができる。兵糧丸の数とスぺの回復で継戦能力は高め。

 

まとめ

 ハグレモノは影分身が強いです。影分身がとても強いです。とても強いので2度言いました。相手を見てから最終的なプロットを決められる点は極めて大きいアドバンテージです。困ったら影分身を軸に考えましょう。

 影分身を使わないハグレモノも弱いわけではないので、なにが必要でなにが不要なのかを合理的に考えて取捨選択をしましょう。